館林市「歴史の小径」の案内板を提供させて頂きました。

弊社のある、館林市で旧城下町地区に整備された「歴史の小径」沿いの電柱に掲出する案内板を地域貢献事業の一環として、掲出しました。

館林は徳川四天王の一人、榊原康政や5代将軍徳川綱吉公にゆかりのある城下町であり、街中には歴史的風情にあふれた建物や、貴重な文化財が今もなお点在しています。
恵まれた自然と城下町の歴史を感じながら、弊社の提供させて頂いた案内板を見つけてみて下さい。

「歴史の小径」は、東武館林駅前の「竜の井」から旧鷹匠町(現大手町)を結ぶ約1.5キロの散策路。

関連記事

  1. PHV充電用屋外コンセントを設置しました。
  2. PHVを導入致しました
  3. ドライブレコーダー
PAGE TOP